2018年06月

昨日の続きの作業をしに来ました。

ハンドルの動きが固かったことを改善するつもりでしたが、ハンドルシャフトに付いているキーが規定の位置で
機能するためには、溝を掘り直す必要がある事が分かりました。

ですので、ドリルの登場。

イメージ 21

溝をドリルで掘って、やすりで成形を繰り返す。

いかん!平たい形状のやすりを忘れてきた。

丸やすりで何とか作業する。

イメージ 20

はめてみて調子を確認してはまた削るを繰り返した。

イメージ 1

ここまで削りました。

実は、ここまでの作業でドリルビットを2本折っています。

まあ、ダイソーの4本がセットになったやつなので、そんなに懐に影響はないですけどね。

イメージ 2

ハンドルと操船台の間にはまっているカバーに、昨日擦っていたところで傷がついている。

イメージ 3

これをガイドにしてドリルで穴を開けていく。

イメージ 4

抜けました。

これをやすりで滑らかに仕上げました。

イメージ 5

ハンドルと共に仮組したら、良い感じ~。

イメージ 6

次はここを加工します。

って、左右のスピーカーは、レーザー加工機で切り出したアクリルできれいに取り付けした後です。

普通のスピーカーは振動する膜の箇所が紙質なので水に弱いです。

こいつはビニール製なので、少々濡れても大丈夫と思います。

イメージ 7

角穴が開きました。

イメージ 8

ここに嵌めたいものに合わせて、やすり掛けと修正。

イメージ 9

こいつを付けます。

イメージ 10

こう収まりました。

イメージ 11

中に収めたものは・・・

イメージ 12

右の方に収納していたカーデッキを入れました。

これで、雨に降られても大丈夫かな。

実は、ユニットの中を見て、水濡れ痕があったのと、昨日から音が出ない症状が・・・。

あちこちいじって何とか音が出るようになったが、いつまでもつのやら。

だれか、要らないデッキくれないかな。(電源・スピーカー配線付きのやつ)

イメージ 13

次はリモコンを触ります。

先週乗った時に動きが渋かったから、仮でCRCを吹いたのです。

きちんと開けてみておきましょう。

イメージ 14

そうそう、実はキーをオフにしてもエンジンが切れないんです。

電気配線図で機能が悪い個所を探しましたが、やはりキーシリンダーが悪いことが分かりました。

イメージ 15

キーユニットを取り出すときに、腐食したコネクタがもげましたので、ここは直しておきます。

イメージ 16

間違わないように、ほかの配線を繋いだ状態で、しっかり確認。

イメージ 17

圧着工具でカシメました。

しかし、この後組み付けようとしたらすっぽ抜けてしまった。

ホビー向けの工具だと、いい加減な加工になり、強度的に弱い典型ですね。

仕方なく、カシメ直して裸圧着端子のカシメ加工も追加して、抜けないようにしました。

イメージ 18

スプレーグリスを各部に浸透させながら、レバーを操作してなじませました。

イメージ 19

この船を手に入れてから、何度となく開け閉めした箇所なので、手際よく作業できるようになったもんだ。

何かあってもいいように、電気配線図と工具・テスターは常備しています。

これに救急用具を追加したらより安心かな。

BMWを手放すときに、助手席下に有った救急用具を取ってあるので、これを今度積んでおこう。

今日はハンドル交換。

今ついているのは、紫外線で表面が劣化して白くボロボロになっている。

イメージ 1

ボルトを緩めると、簡単に外れた。

と思ったら、軸に部品が残っとる!

イメージ 2

プーラー(船外機のシャフトを抜くときに使ったやつ)を使って抜こうとしたが、掛かりが悪いのと固着しているのとで全然びくともしない。

それではと、バーナーで2分ほどあぶって、下から軽く押すと抜けた。

イメージ 3

軸にささっているキーはなくさないようにしなければ。

イメージ 4

カバーを外し、ねじの緩みがあったので、増し締め。

イメージ 5

ハンドルを取り付けていきます。

イメージ 6

ボルトをどこまで締めていいのか分からず、緩まない所まで締めました。

イメージ 7

YAMAHAのハンドルにHONDAのエンジン、TOHATSUの船体という組み合わせ。

イメージ 8

このあと試運転しましたが、ハンドルがすれているようで操作が重いです。

こりゃ、どこか手直ししないといけないな。

先日、ジモティーでボート操舵装置を北海道の方から譲っていただきました。

ハンドル以外の部分は、私のTF20に付いているものと機構的に合わないので、ハンドルだけを流用できればと考えています。

塗装部が剥げていますので、これを塗りなおしましょう。

イメージ 1

裏側はこんな感じ。

イメージ 2

この部分の塗装を紙やすりで、落としていきます。

イメージ 3

はがし終わったら、マスキングします。

イメージ 4

数回に分けて重ね塗りしました。

イメージ 5

マスキングの隙間から塗れてしまったところは、細目の紙やすりで落とします。

イメージ 6

まあまあの仕上がりになりました。

イメージ 7

今度、ボートに合わせに行って、取り替えれたらいいんだけど。

ブログにはアップしてませんでしたが、今年、何度か家内を連れて訪れた三重県のいちご園。

もう6月ということもあり、時期的にもう終わりですね。

イメージ 1

家内は4度目なので勝手がわかっていますが、娘は初めての光景に興味津々。

イメージ 2

フェースブックに上げるためか、写真を撮っています。

ところが、食べれるフルーツとアレルギーの出るフルーツがあって、イチゴはダメな部類。

なので、摘み取り体験だけでほとんど口に出来ません。

イメージ 3

こんなにも収穫しました、というか、映ってないだけでこの量を二パック。

さらに、プチトマトもこの容器いっぱい採りました。

イメージ 4

こちらのいちご園は量り売りですので、2200円となりました。

このあと、アクアイグニスにも寄って来ました。

充実した週末を過ごせてよかった~。

今日は友人と3人で和船で出船。

ボートが2艘になっても乗る回数は増えないので、この前交換したエンジンオイルがきれいだった。

もう少し乗ってあげないといけませんね。

釣り場に着いてさっそく釣り開始。

イメージ 2

最近あまり釣りに来ないからかな?

今日は入れ食いや~。

かけた瞬間、こいつは大物やと分かる手ごたえ。

慎重に網ですくってガッツポーズ。

イメージ 1

しばらくして、また同じ手ごたえ!

1シーズン2匹釣れるかどうかのサイズをあっさりと達成。

イメージ 3

うれしい早上がりとなりました。

イメージ 5

持ち帰った釣果、みんな良いサイズでしょ。

イメージ 4

帰宅したら、息子家族がやってきたので1匹を刺身にした。

孫にはまだ食べさせれないが、息子夫婦は美味しいと食べてくれた。

本当なら一晩熟成したらもっと味が良くなるんだけどね。

↑このページのトップヘ